ラ・クッカーニャ

今木シェフのラ・クッカーニャに再訪。ランチだけど、夜のメニューを特別に作ってもらいました。

①アンティパスト1:魚介のマリネ(牡蠣・鯛・烏賊・小海老)
e0224056_211234.jpg
マリネはすっぱすぎずオイリーすぎず、いつもながらいい感じ。1cm角にカットされた鯛がぶりぶりとしてて食感が良かった。暑い日にはマリネはいいですね。

②アンティパスト2:高知産トマトのカプレーゼ
e0224056_2112133.jpg
カプレーゼのトマトは先のグッビオと同じ(トレンド?)、食感のしっかりとした悪く言えば筋張ったトマト。甘みが強く、しいていえばもっと酸味が強い方が良いな。当然、モッツァレッラもブッファラ(水牛)・・・だと思う。

③プリモピアット1:レンズ豆と雑穀のリゾット
e0224056_21122539.jpg
珍しく雑穀が入ったリゾット。柔らかいだけのリゾットとは違って、滋味深い味。

④プリモピアット2:トリッパのオレキエッテ(耳たぶの形をしたパスタ)、トマトソースで
e0224056_21123664.jpg
トリッパは、モツだーとは主張してないものの、ふんわりとイタリア庶民の味かな~。しかしこのソースは絶品。モツとトマトの酸って相性がいいのかな。

⑤セコンドピアット:鴨肉のタリアータ
e0224056_21124730.jpg
シンプルにグリルしたものに軽くソースをからめただけなのに、いつもながらうまく素材の味を引き出しているなと思う。

⑥ドルチェ盛り合わせ
e0224056_21125745.jpg

⑦エスプレッソ

・車なのでグラスワイン

・グラッパ:ベルタ ヴィンテージグラッパ トレ・ソリ・トレ1997 をたっぷりと。←なんじゃコリャ!
ベルタのグラッパは本当に深い。このグラッパはバローロの有名な3人の造り手のクリュからの葡萄を使用しているのでこんな名前なんだけど、そんな薀蓄は関係なしに薫りの高さと味わい深さは他の追随を許してませんね、ホント。

■ラ・クッカーニャ
■大阪市北区中之島4-3-36玉江橋ビル1F
■06-6448-3336
■http://www.cuccagna.jp/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪は南森町の食べ歩き日記)
[PR]
by ririta13kg | 2006-05-07 00:00 | ごはんの時間~伊