広島中心の食べ歩き日記


by ririta13kg

フレスコ

知り合いのお酒屋さんに教えていただいたお店です。
ランチは1500円のパスタランチ(前菜5種盛り、パスタorリゾット、パーネ、ドルチェ、飲み物)、
2000円のプチフレスコランチ(前菜5種盛り、パスタorリゾット・ハーフ、パーネ、メイン、ドルチェ、飲み物)、
3150円のフレスコランチ(前菜盛り、パスタorリゾット、パーネ、メイン、ドルチェ盛り、飲み物)の三種類でした。

パスタorリゾットは
A:トマトソースのパスタ・・・とろーりモッツァレッラのアンチョビ風味
B:オイルベースパスタ・・・こんがり木の実の香草パン粉がけ
C:クリームソースのパスタ・・・蕪とベーコン(プリフレスコランチの場合は+157円、フレスコランチは+105円)
D:リゾット・・・きのこのリゾット。ラルド添え
でしたので、今回はBとCをを選択しました。

本日のメニュー

①アンティパスト盛り合わせ:県北野菜のポテトスープ、チヌのフリット、カプレーゼ、スモークサーモン、チーズムースのブルスケッタ、パルマ産生ハムとサラミ、グリーン&ポテトサラダ、生にんじんのマリネ
e0224056_111158100.jpg
 ★どれもおいしく頂きました。前菜盛り合わせとなると、マリネなど酸味の強いものにかたよるレストランが多いように思われますが、ここは、それぞれ異なる風味や食感を楽しめるよう工夫されているのが好印象でした。
各前菜、少しずつ凝っているところもポイント高!
   ・カプレーゼ・・・ほおずきも使ってあり、とてもおいしい。上にはトマトの絞り汁のソルベがかかっていました。これがなかなか濃厚で、いいアクセントになっていました。
   ・スモークサーモン・・・りんごのチップで自家燻製されたもの
   ・フリットは、刻んだたまねぎとケイパーのドレッシングが添えてあり、淡白な魚の味に合います。
   ・チーズムースのブルスケッタは、ピエダングロアを使用。
   ・プロシュットはチンタネーゼ。

②プリモピアット1:木の実とこんがりパン粉のパスタ。
e0224056_1112690.jpg
 どっぷりオイルソースにひたっているのに、全然油っこくない。パスタのゆで加減もちょうどいい。にんにくのいい香りと、香ばしいパン粉の香り、味もすばらしい。とてもおいしいかった!

③プリモピアット2:蕪とベーコンのクリームソース。
e0224056_1112146.jpg
 かぶはかなり柔らかくなるまで熱を通してあり、ソースになじんでいました。
 大きめにカットしたベーコンがいい感じ。ただ、オイルソースのパスタの印象が強かったせいか、こちらはやや平凡な印象。

④ドルチェ:天然鯛の香草焼き。ドライトマトのソースをかけて。
e0224056_11122297.jpg
れんこん、ブロッコリー、しいたけ、里芋、さつまいもの素揚げとともに、おいしくいただきました。ドライトマトのオイルソースが絶品。このレストランは、オイルを使った料理が特に良いと思います。

⑤ドルチェ:りんごのタルト、カットフルーツ、アールグレイの紅茶プリン、ミルクジェラート
e0224056_11123044.jpg

■フレスコ (Fresco)
■082-270-4442
■広島市西区井口鈴が台3丁目17-11
■11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00~22:00(L.O.21:30) 水曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-11-04 00:00 | ごはんの時間~伊
知人に勧められランチに。
ランチメニューはのプリモ(パスタ・ピザ)の単体、及び+500円のセットメニューのみ。
パスタはイタリアン10種・トマトソース7種・クリームソース7種・タリアテッレ2種、そしてピザは約10種位からの選択となるが、おおよそ単体で980円位~1380円程度。
セットメニューはそれに前菜・パン(3種から選択:お代わり自由)ドルチェ・ドリンクがプラスされる。

本日のメニュー

①半熟たまご。うにとコンソメのジュレ
e0224056_11191783.jpg
美味しい。うに・コンソメの風味が半熟たまごと巧く合っている。

②5種前菜の盛り合わせ(鯛のカルパッチョ・サーモンのマリネ、カポナータ・鶏の南蛮浸し・グリーンサラダ)
e0224056_111926100.jpg
突出したものはないが、どれも十分満足の出来。写真はないが、セットのパン(今回はガーリックパン)はたっぷりとバター が入っておりボリューム感十分。

③ズワイガニと水菜のパスタ、からすみと共に、焼き茄子のソースで
e0224056_1119382.jpg
甲殻類の独特の風味は控えめだが、蟹の身は沢山はいっていて美味しい。また、水菜はのしゃきしゃき感が良く出ている。ソースは軽めのペペロンチーノにからすみのアンチョビのような風味がプラスされており、なかなかの出来栄え。惜しむらくは、湯で加減。すこし茹ですぎなのだ。(好みもあるかも知れないが)

④4種チーズのピザ
e0224056_1119476.jpg
ローマ風。これは平均点ってところかな?

⑤ドルチェ盛り合わせ(チョコレートケーキ、マンゴーのムース、ロイヤルミルクティのソルベ)
e0224056_11195749.jpg
こちらも平均点。

店内は明るく、見晴らしもよいが、特筆すべきは「サービス」だと思う。
料理はストレス無く出てくるし、パンのお代わり案内や水を継ぎにくるタイミングも文句なし。話し方等も気持ちよいもので、きっちり訓練されているなぁと感心してしまいます。
カジュアルにランチ、ディナーを食べるにはホントいいお店だなぁと感じました。

■カノーバ・カノーバ・ディ・メイプルシティ (Canova Canova Di MAPLE-CITY)
■082-227-0240
■広島市中区橋本町9-2 レガロホテルビル 2F
■11:00~23:00

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-10-21 00:00 | ごはんの時間~伊

ヴィアーレ

本日のメニュー(ディナー:おまかせコース6,825円)

①食前の小さな一皿:パルミジャーノチーズのムース。生とうもろこしをトッピングして
e0224056_22334021.jpg

②前菜盛り合わせ:
e0224056_22335128.jpg
 1.スライスしたじゃがいもの間に鮭やマッシュポテトをはさみ、キャビアをトッピング。
 2:なすと鱧のマリネ
 3:揚げフォーチュンクッキーの馬肉巻き、甘いにんじんのマリネと共に
 4:トリッパのトマト煮込み
 5:戻りかつおのたたきとピオーネ
 6:チーズのクレープ、オマール海老のソースで

③活きムール貝の白ワイン蒸し、サフラン風味の焼きリゾット添え
e0224056_2234165.jpg

④魚料理:戻りかつおのグリル。
e0224056_22341096.jpg
下にマッシュしたサツマイモが敷いてあります。さつまいもをつぶしきらずにところどころ塊が残っているのが良し。魚とさつまいもって合うんだ!とびっくりしたした一品

⑤生ポルチーニのタリオリーニ、トリュフとともに。
e0224056_22342070.jpg

⑥佐賀牛のグリルと焼き野菜、トリュフ風味じゃがいもコロッケ添え
e0224056_22342919.jpg

⑦お口直し1:ピンクグレープフルーツのソルベ
e0224056_22343821.jpg

 2:チーズ(種類忘れました)
e0224056_22344786.jpg

⑧ドルチェ:メレンゲの焼き菓子(マカロン?)をドーム状にして、中にオレンジピール入りのクリームチーズをとじこめたもの、あめ細工、フルーツの盛り合わせ
e0224056_22345629.jpg

ワイン:テヌータ・マルケーゼ・キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ01アンティノリ
グラッパ:カーサエンマ
グラッパ:神戸倶楽波ミストゥーラ

セコンドが終わったとき、ワインがまだ残っていたのですが、お口直しの後チーズの後、さらにチーズ盛り合わせを頂きました。(追加料金なし)心づかいがありがたかったです。
今回、料理・サービス・ボリュームに大変満足しましたが、唯一不満なのがワインの品揃え。
ワインリストにはアンティノリ社のみ。勿論、ラインナップが素晴らしい会社なので銘柄などで指名する分には問題ないのですが、生産者で指名するワイン好きな方には不評かも。(裏リストがあるんでしょうね。)


■ヴィアーレ
■082-244-3069
■広島市中区大手町3-3-1 ホテルサンルート広島 15F
■11:30~15:00 17:00~22:00

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-09-23 00:00 | ごはんの時間~伊

マンジャペッシェ 広島

本日のメニュー

①無花果と生ハム
e0224056_18423235.jpg

②さっとフリットした秋刀魚と木の子を浮かべたじゃが芋の冷たいスープ
e0224056_18424018.jpg

③北寄貝と観音葱ピュレのリングイネッレ
e0224056_18424797.jpg

④生ポルチーニのパッパルデッレ
e0224056_18425599.jpg

⑤フリットした里芋のニョッキ、鱧とタラバガニのソース
e0224056_1843278.jpg

⑥ホゴメバルのアクアパッツァ
e0224056_1843975.jpg

⑦シャラン産鴨胸肉のタリアータ、赤ワインのアクセント
e0224056_18431689.jpg

⑧チーズ2種盛り、無花果ジャムと共に
e0224056_18432352.jpg

⑨お誕生日のドルチェ
e0224056_18433261.jpg

⑩神峯園のブルーベリースープ、アールグレイの香り
e0224056_18434194.jpg

⑪抹茶のクレームブリュレ
e0224056_18435096.jpg

⑫焼き菓子盛り合わせとエスプレッソ
e0224056_184409.jpg

・ワイン:本日のシャンパーニュ(グラス)

・ワイン:パトリリオーネ95(ボトル)
e0224056_1844961.jpg

・ワイン:マルヴァジアデッレリパリ(グラス)

・ワイン:グラッパディサッシカイア(グラス)

■MANGIA PESCE (マンジャ ペッシェ) ※閉店
■広島市中区上八丁堀4-1 アーバンビューグランドタワーアランビック 2F

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-09-10 00:00 | ごはんの時間~伊

ラ・クッカーニャ

①アンティパスト1:北海道産の生牡蠣といわしのマリネ
e0224056_2132567.jpg

②アンティパスト2:ハムとサラミの盛り合わせ。蒸し豚のゼリー寄せ、いちじく、プチ揚げものを添えて
e0224056_2133778.jpg

③プリモ1:トマトソースのフジッリ。たらばがに、えび、パプリカがたっぷり。
e0224056_2135387.jpg

④プリモ2:雑穀リゾット。
e0224056_214591.jpg

⑤セコンド:鶏の煮込み。黒オリーブで鶏のうまみが引き立ちます
e0224056_2141622.jpg

⑥ドルチェ:バナナのセミフレッド、パンナコッタ、ババ、マンゴーのジェラート、ぶどう
e0224056_214284.jpg

・ワイン:タンクレディ03 ドンナフガータ社
e0224056_2145187.jpg

・エスプレッソ
[PR]
# by ririta13kg | 2006-08-19 00:00 | ごはんの時間~伊