広島中心の食べ歩き日記


by ririta13kg
本日のメニュー

ランチコースは1,575円固定。
前菜の盛り合わせ+本日のプリモ・セコンドから一品選択+本日のドルチェから一品選択。
食後のドリンク(珈琲・紅茶・エスプレッソ)は別料金、350円。
本日のプリモ・セコンドは以下の5種
・スパゲッティ、帆立とブロッコリーのアンチョビ入りオイルソースで
・スパゲッティ、タコとじゃが芋をトマトソースで
・スパゲッティ、鶏モモ肉と京タケノコをトマトソースで
・スパゲッティ、ハムと茸のトマトソースで
・スパゲッティ、エビと白いんげん豆のトマトクリームソースで
ドルチェは以下の4種から
・プルーンの赤ワイン煮
・パンナコッタ
・かぼちゃのタルト
・ズッパイングレーゼ(スポンジ生地とカスタードのリキュール味)

①前菜13種盛り
e0224056_15513529.jpg
・カポナータ
・カプレーゼ
・にんじんとたまねぎのムース
・ペコリーノ(多分)と黒胡椒、生クリームのムース
・帆立のムース
・ハムのテリーヌ(?)ザワークラフト添え
・筍のマリネ
・ほうれん草とチーズのキッシュ
・魚介のマリネ(イカ・えび・スモークサーモン・帆立)
・鶏のマリネ。にんじんとたまねぎとともに。
・グリーンサラダ
・豚のゼリー寄せ
・チーズと生クリームのプリン

②スパゲッティ、帆立とブロッコリーのアンチョビ入りオイルソースでと白いんげん豆のトマトクリームソースで
e0224056_15515755.jpg

③スパゲッティ、エビ
e0224056_1552791.jpg

④ドルチェ
・ズッパイングレーゼ
e0224056_15521646.jpg

・プルーンの赤ワイン煮

⑤エスプレッソ

■京都府宇治市宇治妙楽171-17
■0774-24-7050
■月曜・第3土曜

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪は南森町周辺の食べ歩き)
[PR]
# by ririta13kg | 2007-05-02 00:00 | ごはんの時間~伊

クッチーナ アラ ベーラ

知り合いから中国新聞の切り抜きを頂き、美味しそうだったので行ってきました。
今回は②のセットに+200円のスペシャリテパスタを味わってきました。

昼のメニュー
①パスタランチ(サラダ・パスタ・バケット・ドリンク) 900円
②パスタセット(サラダ・前菜2種盛り・パスタ・バケット・デザート・ドリンク) 1300円

パスタは以下より選択(+100円で大盛、+200円でスペシャリテ)
トマトソース
 フレッシュトマトとバジル
 パンチェッタと竹の子のピリ辛
ガーリックソース
 豚肉と春野菜
 小海老とブロッコリーのアンチョビ風味
クリームソース
 あさりと春野菜
 小海老と竹の子のトマトクリーム
スペシャリテ
 色々魚介のラグーソース、イカ墨のフェトチーネ
 生ハム・アスパラのルッコラペースト和え、自家製スパゲッティーニ
 ゴルゴンゾーラとフレッシュトマトのソース じゃが芋のニョッキ

・サラダ(レタス・水菜・トマト・2色パプリカ)ドレッシングはビネガー、オリーブオイルでシンプルに。
e0224056_18575083.jpg

・鶏肉の炙り焼き、クスクス添え、バルサミコソース
e0224056_18575978.jpg
香ばしさとスパイシーさがよくマッチしてました。

・サーモンのムース、サルサヴェルデで(見えてないケド)、デイルを添えて
e0224056_1858877.jpg
ふんわりと柔らかなサーモンの風味が美味しかった。

・色々魚介のラグーソースをピリ辛で、イカ墨の自家製フェトチーネ
(鶏肉・そら豆・菜の花・フレッシュトマト・唐辛子)
e0224056_18581732.jpg
フェトチーネはイカ墨が風味よく練り込まれており、プリプリ感もよかった。
すこし、塩分が強めなのが残念。

・ゴルゴンゾーラとフレッシュトマトのソース じゃが芋のニョッキ、ルッコラを添えて
e0224056_18582610.jpg
じゃが芋のニョッキは、小麦粉が少なくじゃが芋らしい柔らかな味わいがよかった。
ゴルゴンゾーラの風味がいい感じで、ブルーチーズが嫌いな人でもOK、だと思う。

・苺のクリームブリュレ、マンゴーのソルベ
e0224056_1859897.jpg
デザートは、入り口レジのしたの、ショーケースから選んでおく。(9種位ありました)
このクリームブリュレは絶品。ほのかな苺風味がたまらん。ソルベも美味いゾ!

・抹茶のパンナコッタ、ベリーのソルベ
e0224056_18591913.jpg
しいて言えば、こちらは普通。

これに、バゲット(プレーン又はガーリック)と好きなドリンクがついて、一人1500円でした。
味わいは前菜、ドルチェは上品な味わい。パスタはインパクトのある味わいで、全体でみるとバランスが取れています。
通常のパスタセットでは、メイン(セコンド)がないだけで、1300円ということで、結構なコストパフォーマンス感。
オープンしてまだ1年もたっていないようですが、いろいろ頑張っているなぁという印象。また、来てみたいです。

営業時間:午前11時半~午後3時、午後6時~10時。月曜日定休。
今日は、新聞に掲載された週末であったせいか、満席で次々とお客さんが絶えることなく訪れてきてました。
暫くは、予約して行った方が吉と思います。


壁にはアラカルトメニューが黒板に書かれており、ディナーにも来てみたいと思わせられる内容でした。
アンティパスト
 お魚のカルパッチョ
 海の幸のマリネ、バジリコ風味
 天使の海老とポルチーニのカルトッチョ
 つぶつぶウニのブディーノ、二色パプリカのソース
 鴨のマリネのカルパッチョ、二十日大根と白葱のコンフィ添え
 柔らか豚と筍の含め煮
 鶏の煮込み、ちりめんキャベツのファゴティーノ
プリモ
ビアンコ(ガーリック)
 生ハムとルッコラのストロツァプレッティ
 フレッシュトマトとアスパラの手打ちスパゲッティーニ
 菜の花とそら豆あさりのオレキエッテ
パンナ(クリーム)
 有頭エビとブロッコリーのバジルクリーム、フェットチーネ
 宮島カキと春野菜のトマトクリーム、緑のストラッチで
 パンチェッタとフレッシュトマト、そら豆のぺンネ
ポモドーロ(トマト)
 有頭エビとルッコラのピリ辛リングイネ
 チョリソーと色々野菜、ピチで
リゾット
 豚肉とそら豆のトマトリゾット
 宮島カキとブロッコリーのガーリックリゾット

メインは少し離れたところにあったので、チェックできませんでした。
ちらっと見た限りでは、お肉とお魚がそれぞれ1~2種あったようです。

■cucina ala vela (クッチーナ アラ ベーラ) ※閉店
■広島市安佐北区落合2-21-18

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2007-04-08 00:00 | ごはんの時間~伊

ラ・クッカーニャ

①アンティパスト1:高知産トマトのカプレーゼ
e0224056_20554525.jpg

②アンティパスト2:ほうれん草のソテー、ガーリック風味
e0224056_20555735.jpg

③アンティパスト3:なすのラザニア
e0224056_2056851.jpg

④アンティパスト4:焼きパプリカのマリネ
e0224056_20561960.jpg

⑤アンティパスト5:子イワシのマリネ
e0224056_20563095.jpg

⑥アンティパスト6:カリフラワーのマリネ(煮びたし風?)
e0224056_20564365.jpg

⑦プリモ1:イカスミのパスタ
e0224056_2056559.jpg

⑧プリモ2:ポルチーニと牡蠣のリゾット
e0224056_205781.jpg

⑨セコンド:豚のロースト、カターニャオレンジ風味
e0224056_20572190.jpg

⑩ドルチェ盛り合わせ:パンナコッタ、木苺のジェラート他
e0224056_20573473.jpg

本日のワイン:ベナコ・ブレッシアーノ・ロッソ ”ロンケドーネ04” カー・デイ・フラティ
e0224056_2057468.jpg


■ラ・クッカーニャ
■大阪市北区中之島4-3-36玉江橋ビル1F
■06-6448-3336
■http://www.cuccagna.jp/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪は南森町の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-12-30 00:00 | ごはんの時間~伊

アユート

2年ぶりのアユート!北イタリアを中心に2年間の修行?を完了した、村井シェフ。

夜のコースはパスタコース(付きだし、前菜盛り合わせ、お好きなパスタ、ドルチェ、飲み物)の2800円、
イタリアコース(付きだし、前菜、本日のパスタ、本日の魚か肉のメイン、ドルチェ、飲み物)の3800円、
お勧め?コース(付きだし、お好きな前菜、お好きなパスタ、お好きなメイン、ドルチェ盛り合わせ、飲み物)の4500円の3コース。
今回はお勧めコース、
お好きな前菜はレギュラーが6~7種、本日お勧めが6種から、
パスタはレギュラーが11種、本日のお勧めパスタが6種から、
メインは魚2種、肉4種から、以下の料理を選択しました。

本日のメニュー

①付きだし:プチシューアイス、セミフレッドのゴルゴンゾーラ、栗のハチミツソース
e0224056_1320617.jpg
 ゴルゴンゾーラを冷たくすることで、深いながらも癖の少ない味わいにしている。

②アンティパスト1:海の幸のサラダ、サルサヴェルデ
e0224056_13201976.jpg
 とこぶし、ムール貝、アサリ、小さなサザエ、烏賊、海老、セミドライトマト、ブラックオリーブ。綺麗です。

③アンティパスト2:岩塩でマリネした和牛モモ肉のタルタル
e0224056_13202868.jpg
 岩塩のほのかな苦味が肉本来の味わいを浮かびあがらせている。ぷりぷり肉の食感もよい。

④プリモ1:ホロホロ鳥とポルチーニの煮込み和え、パッパルデッレ
e0224056_13203791.jpg
 まさにウマ味のソース。濃厚なのに、タラゴンあたりの香草が爽やかさを醸し出している。幅広の手作りパッパルデッレはソースとのからみも文句なし!

⑤プリモ2:牡蠣とほうれん草のクリームソース、タリアテッレ
e0224056_13204746.jpg
 リッチな味わいのクリームソースだが、全くしつこくない。海のミルク、牡蠣との組み合わせも良い。ほうれん草の茎の部分のしゃきしゃき感でアクセントも絶妙。

⑥セコンド1:シカ肩肉の赤ワイン煮込み、ポレンタ添え
e0224056_13205745.jpg
 とことん煮込んだシカ肉にポレンタをあわせるところが、北イタリアで修行したシェフらしいですね。(ポレンタってのはとうもろこしのマッシュルームみたいなもんです。)

⑦セコンド2:鴨モモ肉のオーブン焼き、サフランクリームソース
e0224056_1321619.jpg
 骨付きって、骨の付き際のところが味わい濃くて美味しいですよね!ワイルドな焼き料理にリッチなソースが妙に合います。

⑧ドルチェ盛り合わせ:サフラン・アイスクリーム、チョコレートのプリン、へーゼルナッツのケーキ
e0224056_13211573.jpg

⑨エスプレッソの小菓子:マカロンとレモンの砂糖漬け
e0224056_13212446.jpg

ワイン:バルバレスコ01:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

以前より席数をへらして(多分)、よりゆったりとした気分を味わえるようになった。
安くて美味しいのは以前からそうだったが、一皿の料理の美しさ、味わいのアクセントに磨きがかかったように思う。
ワインの品揃えも種類が大幅に増え、しかも安いのはそのまま。本日飲んだバルバレスコもWEBで3500円位。普通レストランで飲むと7~9千円は覚悟しなければならないモノです(5500円でした)。
一本飲めない人に対してもいろいろなデキャンタの選択が可能。いろんな意味でパワーアップした、アユート!でした。

■アユート (AIUTO!)
■ 082-221-2980
■広島市中区東白島町18-19 ワセダビル 1F
■ 12:00~15:00(L.O.13:30) 18:00~23:00(L.O.21:30) 月曜、第1・第2火曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-11-13 00:00 | ごはんの時間~伊

アユート

2年ぶりのアユート!北イタリアを中心に2年間の修行?を完了した、村井シェフ。

夜のコースはパスタコース(付きだし、前菜盛り合わせ、お好きなパスタ、ドルチェ、飲み物)の2800円、イタリアコース(付きだし、前菜、本日のパスタ、本日の魚か肉のメイン、ドルチェ、飲み物)の3800円、お勧め?コース(付きだし、お好きな前菜、お好きなパスタ、お好きなメイン、ドルチェ盛り合わせ、飲み物)の4500円の3コース。
今回はお勧めコース、
お好きな前菜はレギュラーが6~7種、本日お勧めが6種から、パスタはレギュラーが11種、本日のお勧めパスタが6種から、メインは魚2種、肉4種から、以下の料理を選択しました。

本日のメニュー
①付きだし:プチシューアイス、セミフレッドのゴルゴンゾーラ、栗のハチミツソース
 ゴルゴンゾーラを冷たくすることで、深いながらも癖の少ない味わいにしている。
e0224056_1622658.jpg

②アンティパスト1:海の幸のサラダ、サルサヴェルデ
e0224056_1625560.jpg
 とこぶし、ムール貝、アサリ、小さなサザエ、烏賊、海老、セミドライトマト、ブラックオリーブ。綺麗です。

③アンティパスト2:岩塩でマリネした和牛モモ肉のタルタル
e0224056_163446.jpg
 岩塩のほのかな苦味が肉本来の味わいを浮かびあがらせている。ぷりぷり肉の食感もよい。

④プリモ1:ホロホロ鳥とポルチーニの煮込み和え、パッパルデッレ
e0224056_1631356.jpg
 まさにウマ味のソース。濃厚なのに、タラゴンあたりの香草が爽やかさを醸し出している。幅広の手作りパッパルデッレはソースとのからみも文句なし!

⑤プリモ2:牡蠣とほうれん草のクリームソース、タリアテッレ
e0224056_1632262.jpg
 リッチな味わいのクリームソースだが、全くしつこくない。海のミルク、牡蠣との組み合わせも良い。ほうれん草の茎の部分のしゃきしゃき感でアクセントも絶妙。

⑥セコンド1:シカ肩肉の赤ワイン煮込み、ポレンタ添え
e0224056_1633128.jpg
 とことん煮込んだシカ肉にポレンタをあわせるところが、北イタリアで修行したシェフらしいですね。(ポレンタってのはとうもろこしのマッシュルームみたいなもんです。)

⑦セコンド2:鴨モモ肉のオーブン焼き、サフランクリームソース
e0224056_1634050.jpg
 骨付きって、骨の付き際のところが味わい濃くて美味しいですよね!ワイルドな焼き料理にリッチなソースが妙に合います。

⑧ドルチェ盛り合わせ:サフラン・アイスクリーム、チョコレートのプリン、へーゼルナッツのケーキ
e0224056_1635094.jpg

⑨エスプレッソの小菓子:マカロンとレモンの砂糖漬け
e0224056_1635998.jpg

ワイン:バルバレスコ01:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

以前より席数をへらして(多分)、よりゆったりとした気分を味わえるようになった。
安くて美味しいのは以前からそうだったが、一皿の料理の美しさ、味わいのアクセントに磨きがかかったように思う。
ワインの品揃えも種類が大幅に増え、しかも安いのはそのまま。本日飲んだバルバレスコもWEBで3500円位。普通レストランで飲むと7~9千円は覚悟しなければならないモノです(5500円でした)。
一本飲めない人に対してもいろいろなデキャンタの選択が可能。いろんな意味でパワーアップした、アユート!でした。

■アユート (AIUTO!)
■082-221-2980
■広島市中区東白島町18-19 ワセダビル 1F
■12:00~15:00(L.O.13:30)、18:00~23:00(L.O.21:30)
■月曜、第1・第2火曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
# by ririta13kg | 2006-11-13 00:00 | ごはんの時間~伊