広島中心の食べ歩き日記


by ririta13kg

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アユート

2年ぶりのアユート!北イタリアを中心に2年間の修行?を完了した、村井シェフ。

夜のコースはパスタコース(付きだし、前菜盛り合わせ、お好きなパスタ、ドルチェ、飲み物)の2800円、
イタリアコース(付きだし、前菜、本日のパスタ、本日の魚か肉のメイン、ドルチェ、飲み物)の3800円、
お勧め?コース(付きだし、お好きな前菜、お好きなパスタ、お好きなメイン、ドルチェ盛り合わせ、飲み物)の4500円の3コース。
今回はお勧めコース、
お好きな前菜はレギュラーが6~7種、本日お勧めが6種から、
パスタはレギュラーが11種、本日のお勧めパスタが6種から、
メインは魚2種、肉4種から、以下の料理を選択しました。

本日のメニュー

①付きだし:プチシューアイス、セミフレッドのゴルゴンゾーラ、栗のハチミツソース
e0224056_1320617.jpg
 ゴルゴンゾーラを冷たくすることで、深いながらも癖の少ない味わいにしている。

②アンティパスト1:海の幸のサラダ、サルサヴェルデ
e0224056_13201976.jpg
 とこぶし、ムール貝、アサリ、小さなサザエ、烏賊、海老、セミドライトマト、ブラックオリーブ。綺麗です。

③アンティパスト2:岩塩でマリネした和牛モモ肉のタルタル
e0224056_13202868.jpg
 岩塩のほのかな苦味が肉本来の味わいを浮かびあがらせている。ぷりぷり肉の食感もよい。

④プリモ1:ホロホロ鳥とポルチーニの煮込み和え、パッパルデッレ
e0224056_13203791.jpg
 まさにウマ味のソース。濃厚なのに、タラゴンあたりの香草が爽やかさを醸し出している。幅広の手作りパッパルデッレはソースとのからみも文句なし!

⑤プリモ2:牡蠣とほうれん草のクリームソース、タリアテッレ
e0224056_13204746.jpg
 リッチな味わいのクリームソースだが、全くしつこくない。海のミルク、牡蠣との組み合わせも良い。ほうれん草の茎の部分のしゃきしゃき感でアクセントも絶妙。

⑥セコンド1:シカ肩肉の赤ワイン煮込み、ポレンタ添え
e0224056_13205745.jpg
 とことん煮込んだシカ肉にポレンタをあわせるところが、北イタリアで修行したシェフらしいですね。(ポレンタってのはとうもろこしのマッシュルームみたいなもんです。)

⑦セコンド2:鴨モモ肉のオーブン焼き、サフランクリームソース
e0224056_1321619.jpg
 骨付きって、骨の付き際のところが味わい濃くて美味しいですよね!ワイルドな焼き料理にリッチなソースが妙に合います。

⑧ドルチェ盛り合わせ:サフラン・アイスクリーム、チョコレートのプリン、へーゼルナッツのケーキ
e0224056_13211573.jpg

⑨エスプレッソの小菓子:マカロンとレモンの砂糖漬け
e0224056_13212446.jpg

ワイン:バルバレスコ01:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

以前より席数をへらして(多分)、よりゆったりとした気分を味わえるようになった。
安くて美味しいのは以前からそうだったが、一皿の料理の美しさ、味わいのアクセントに磨きがかかったように思う。
ワインの品揃えも種類が大幅に増え、しかも安いのはそのまま。本日飲んだバルバレスコもWEBで3500円位。普通レストランで飲むと7~9千円は覚悟しなければならないモノです(5500円でした)。
一本飲めない人に対してもいろいろなデキャンタの選択が可能。いろんな意味でパワーアップした、アユート!でした。

■アユート (AIUTO!)
■ 082-221-2980
■広島市中区東白島町18-19 ワセダビル 1F
■ 12:00~15:00(L.O.13:30) 18:00~23:00(L.O.21:30) 月曜、第1・第2火曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
by ririta13kg | 2006-11-13 00:00 | ごはんの時間~伊

アユート

2年ぶりのアユート!北イタリアを中心に2年間の修行?を完了した、村井シェフ。

夜のコースはパスタコース(付きだし、前菜盛り合わせ、お好きなパスタ、ドルチェ、飲み物)の2800円、イタリアコース(付きだし、前菜、本日のパスタ、本日の魚か肉のメイン、ドルチェ、飲み物)の3800円、お勧め?コース(付きだし、お好きな前菜、お好きなパスタ、お好きなメイン、ドルチェ盛り合わせ、飲み物)の4500円の3コース。
今回はお勧めコース、
お好きな前菜はレギュラーが6~7種、本日お勧めが6種から、パスタはレギュラーが11種、本日のお勧めパスタが6種から、メインは魚2種、肉4種から、以下の料理を選択しました。

本日のメニュー
①付きだし:プチシューアイス、セミフレッドのゴルゴンゾーラ、栗のハチミツソース
 ゴルゴンゾーラを冷たくすることで、深いながらも癖の少ない味わいにしている。
e0224056_1622658.jpg

②アンティパスト1:海の幸のサラダ、サルサヴェルデ
e0224056_1625560.jpg
 とこぶし、ムール貝、アサリ、小さなサザエ、烏賊、海老、セミドライトマト、ブラックオリーブ。綺麗です。

③アンティパスト2:岩塩でマリネした和牛モモ肉のタルタル
e0224056_163446.jpg
 岩塩のほのかな苦味が肉本来の味わいを浮かびあがらせている。ぷりぷり肉の食感もよい。

④プリモ1:ホロホロ鳥とポルチーニの煮込み和え、パッパルデッレ
e0224056_1631356.jpg
 まさにウマ味のソース。濃厚なのに、タラゴンあたりの香草が爽やかさを醸し出している。幅広の手作りパッパルデッレはソースとのからみも文句なし!

⑤プリモ2:牡蠣とほうれん草のクリームソース、タリアテッレ
e0224056_1632262.jpg
 リッチな味わいのクリームソースだが、全くしつこくない。海のミルク、牡蠣との組み合わせも良い。ほうれん草の茎の部分のしゃきしゃき感でアクセントも絶妙。

⑥セコンド1:シカ肩肉の赤ワイン煮込み、ポレンタ添え
e0224056_1633128.jpg
 とことん煮込んだシカ肉にポレンタをあわせるところが、北イタリアで修行したシェフらしいですね。(ポレンタってのはとうもろこしのマッシュルームみたいなもんです。)

⑦セコンド2:鴨モモ肉のオーブン焼き、サフランクリームソース
e0224056_1634050.jpg
 骨付きって、骨の付き際のところが味わい濃くて美味しいですよね!ワイルドな焼き料理にリッチなソースが妙に合います。

⑧ドルチェ盛り合わせ:サフラン・アイスクリーム、チョコレートのプリン、へーゼルナッツのケーキ
e0224056_1635094.jpg

⑨エスプレッソの小菓子:マカロンとレモンの砂糖漬け
e0224056_1635998.jpg

ワイン:バルバレスコ01:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

以前より席数をへらして(多分)、よりゆったりとした気分を味わえるようになった。
安くて美味しいのは以前からそうだったが、一皿の料理の美しさ、味わいのアクセントに磨きがかかったように思う。
ワインの品揃えも種類が大幅に増え、しかも安いのはそのまま。本日飲んだバルバレスコもWEBで3500円位。普通レストランで飲むと7~9千円は覚悟しなければならないモノです(5500円でした)。
一本飲めない人に対してもいろいろなデキャンタの選択が可能。いろんな意味でパワーアップした、アユート!でした。

■アユート (AIUTO!)
■082-221-2980
■広島市中区東白島町18-19 ワセダビル 1F
■12:00~15:00(L.O.13:30)、18:00~23:00(L.O.21:30)
■月曜、第1・第2火曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
by ririta13kg | 2006-11-13 00:00 | ごはんの時間~伊

フレスコ

知り合いのお酒屋さんに教えていただいたお店です。
ランチは1500円のパスタランチ(前菜5種盛り、パスタorリゾット、パーネ、ドルチェ、飲み物)、
2000円のプチフレスコランチ(前菜5種盛り、パスタorリゾット・ハーフ、パーネ、メイン、ドルチェ、飲み物)、
3150円のフレスコランチ(前菜盛り、パスタorリゾット、パーネ、メイン、ドルチェ盛り、飲み物)の三種類でした。

パスタorリゾットは
A:トマトソースのパスタ・・・とろーりモッツァレッラのアンチョビ風味
B:オイルベースパスタ・・・こんがり木の実の香草パン粉がけ
C:クリームソースのパスタ・・・蕪とベーコン(プリフレスコランチの場合は+157円、フレスコランチは+105円)
D:リゾット・・・きのこのリゾット。ラルド添え
でしたので、今回はBとCをを選択しました。

本日のメニュー

①アンティパスト盛り合わせ:県北野菜のポテトスープ、チヌのフリット、カプレーゼ、スモークサーモン、チーズムースのブルスケッタ、パルマ産生ハムとサラミ、グリーン&ポテトサラダ、生にんじんのマリネ
e0224056_111158100.jpg
 ★どれもおいしく頂きました。前菜盛り合わせとなると、マリネなど酸味の強いものにかたよるレストランが多いように思われますが、ここは、それぞれ異なる風味や食感を楽しめるよう工夫されているのが好印象でした。
各前菜、少しずつ凝っているところもポイント高!
   ・カプレーゼ・・・ほおずきも使ってあり、とてもおいしい。上にはトマトの絞り汁のソルベがかかっていました。これがなかなか濃厚で、いいアクセントになっていました。
   ・スモークサーモン・・・りんごのチップで自家燻製されたもの
   ・フリットは、刻んだたまねぎとケイパーのドレッシングが添えてあり、淡白な魚の味に合います。
   ・チーズムースのブルスケッタは、ピエダングロアを使用。
   ・プロシュットはチンタネーゼ。

②プリモピアット1:木の実とこんがりパン粉のパスタ。
e0224056_1112690.jpg
 どっぷりオイルソースにひたっているのに、全然油っこくない。パスタのゆで加減もちょうどいい。にんにくのいい香りと、香ばしいパン粉の香り、味もすばらしい。とてもおいしいかった!

③プリモピアット2:蕪とベーコンのクリームソース。
e0224056_1112146.jpg
 かぶはかなり柔らかくなるまで熱を通してあり、ソースになじんでいました。
 大きめにカットしたベーコンがいい感じ。ただ、オイルソースのパスタの印象が強かったせいか、こちらはやや平凡な印象。

④ドルチェ:天然鯛の香草焼き。ドライトマトのソースをかけて。
e0224056_11122297.jpg
れんこん、ブロッコリー、しいたけ、里芋、さつまいもの素揚げとともに、おいしくいただきました。ドライトマトのオイルソースが絶品。このレストランは、オイルを使った料理が特に良いと思います。

⑤ドルチェ:りんごのタルト、カットフルーツ、アールグレイの紅茶プリン、ミルクジェラート
e0224056_11123044.jpg

■フレスコ (Fresco)
■082-270-4442
■広島市西区井口鈴が台3丁目17-11
■11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00~22:00(L.O.21:30) 水曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
by ririta13kg | 2006-11-04 00:00 | ごはんの時間~伊