広島中心の食べ歩き日記


by ririta13kg

カテゴリ:ごはんの時間~和( 2 )

華ぶさ

見かけは、ごく普通の地場の飲み屋さん。
でも、一歩入るとびっくり。
カウンターは新鮮な魚・貝であふれ、座敷の下は、大きな渡り蟹、アワビ、びっくりするくらい大きいオコゼ等のミニいけすで、床が埋まってます。
どれも本当に活きがよさそうで、食事への期待が高まってきます。
この時点で、ここに来て正解。教えてくれたSさんありがとう、です。

①付き出し
e0224056_19501516.jpg
この日の付き出しは、えびと赤なまこの選択でした。
えびを選択、頭まで食べられます。

②貝の盛り合わせ(夜鳴き貝・ミル貝・赤貝・たいらぎ貝)
e0224056_19502694.jpg
カウンターに沢山の貝が並べてあったため、貝の盛り合わせを頼みました。
いずれも新鮮で、甘く、食感もよく、美味しかった。
貝だけでなく、ツマの大根が千切りではなく、乱切りなのが実に良い。
しょうゆなどでべたべたした舌をさっぱりとさせてくれます。ホント、瑞々しく美味しい!

③さよりと中トロのにぎり(右下は根生姜)
e0224056_19503672.jpg
大葉が大きいので、さよりの味や香りが若干マスキングされてます。
でも、とても活きが良い、ぴちぴちした「さより」でした.
中トロは、個人的には、もう少しだけ脂ののっているのが好みか。でも、とても美味しかった。
そして、添えられている生姜のおいしいこと!
こういうところに手を抜かないところが素晴らしい。

④アワビのにぎり
e0224056_19504731.jpg
あわびのしゃぶしゃぶをお願いしていたら、「皮のとこ、握りにします?」とすすめられ。
コリコリ・プリプリしてて美味!

⑤貝柱の掻き揚げ
e0224056_1950594.jpg
他のお客さんが注文されていた、貝柱の掻き揚げ。
「便乗しますか?」と店主にすすめられ、いただきました。
こちらの店主さん、初めて訪れたのに気軽に声を掛けていただき大変気持ちのよい接客です。
プリッとした貝柱は.熱が通ってやわらかくなったねぎとの組み合わせは抜群。さっぱりと塩と胡椒でいただき、これまた美味。

⑥蛸のさつまあげ
e0224056_19511060.jpg
これも便乗もの。常連さんが隣にいてくれると助かります。
山芋のつなぎなしでつくられているさつまあげ、定番商品とのこと。
確かに、よくあるつなぎでつるっとしたさつま揚げではなく、確りと蛸が詰った、実に自然なさつま揚げ!.
美味しい!家でもチャレンジしてみたいです。

⑦葉わさびのおひたし
e0224056_19512047.jpg
葉わさびをかつおぶしで軽くおひたしにしたもの。すかっとわさびが鼻にぬける、爽快な一品でした.
あちこちのテーブルから「うくぅ~!」と雄叫びが上がっていて、みなさん大笑い。
すっきりしない気分の時に食べたら、ビシッとしそう。

⑧あわびの内臓の炙り
e0224056_19513163.jpg
内臓をかるく炙ってくださいました。美味すぎ!
私は、アワビといえば、”硬い”という印象が強かったのですが、身はやわらかく、香ばしい匂いとみその風味がしみじみと味わえる一品。

⑨アワビのしゃぶしゃぶ
e0224056_19514157.jpg
e0224056_19515197.jpg
e0224056_1952062.jpg
卓上コンロをおいて、二人鍋にして供されました。
緑色のは、つけ汁です. 濃い目のだしに、あわびの肝がはいってます。
しょうゆ味は濃くないのですが、だしがかなり濃く感じました。もっと薄いほうがあわびの味がよく分かっていいのにと思ったのですが、
ダンナは、ちょうどよかったようです。というのも、お酒を飲むと味覚が鈍くなるので、濃い目で丁度よくなるのだそうです。
そうか、濃ければなべのだし汁で薄めればいいのだ、ということに気づいたのは、家に帰ってからです。惜しいことをしました。

⑩アジの炙り寿司
e0224056_19521278.jpg
炙り寿司というのを初めていただいたのですが、おいしい!
おこげを愛する日本人!焼きおにぎりのおすし版!シャリの表面はかりっと香ばしく焼いてあり、でも中はふんわりと。
上には.,ぶりっとしたアジとねぎがたっぷり.
ウマ~!!
これ、お茶漬けにしてもよさそうです。

⑪雑炊(アワビのしゃぶしゃぶ後)
e0224056_19522482.jpg

〆に雑炊を。もうお腹もいっぱいで、少しだけ、といって頂きました。
これまた美味しく、大満足!
こんな美味しい魚介類は、なかなか食べられませんよ!
しかも、気分やお腹にあわせて、「あんまりたくさんは...」というと、「じゃ一個ずつにしますか?」など
合わせてくれるのが嬉しい。

また、普段はあまり日本酒は飲まないのですが、こちらの料理には文句無く日本酒があうと思います。
飲んだ日本酒は、
賀茂鶴
宝剣しぼりたて
瑞冠
元和夢幻の酒 ×2杯

八海山しぼりたて
どれも300円~500円位。

モノがいいだけに、値の張る魚介類も多く、時価表示ですが、そこは先に「○○は、××円くらいですよ」とざっくばらんに教えてくださるので安心して注文できます。
実際、思っていたよりずっと安かったです。
これだけしっかり食べて飲んで、一人1万円かかりませんでした。ホント、安っ。
また、近いうちにいきます!

■華ぶさ (はなぶさ)
■082-223-2919
■広島市中区基町19-2-435 基町ショッピングセンター
■17:00~22:30
■月曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪食べ歩き)
[PR]
by ririta13kg | 2007-12-22 00:00 | ごはんの時間~和

かき船 かなわ

本日のメニュー
得船(かきづくし)コース

①しば煮
e0224056_941090.jpg

②塩辛
e0224056_9411260.jpg

③殻つき焼き
e0224056_9412116.jpg

④吸い物つみれ
e0224056_9413050.jpg

⑤フライ
e0224056_941395.jpg

⑥グラタン
e0224056_9414871.jpg

⑦土手鍋
e0224056_9415883.jpg

⑧みぞれ
e0224056_942876.jpg

⑨雑炊
e0224056_9421793.jpg

⑩フルーツ
e0224056_9422642.jpg

料理名を並べてみると、なんら普通のものと変わりないが、それぞれに
塩辛は2年間漬け込まれており、しかも毎日攪拌しているとの事だし、フライは揚げる前にスチーム処理をして臭みを取っている。グラタンも林檎の皮の中でローストされており、ほのかな林檎香と牡蠣・茸のコンビネーションが秀逸。
かきそのものも、決して大振りではないが、しっかりとした食感と味わいに素性のよさを感じる。
広島在住中に一度は食べねばと思い出かけたが満足のいく内容であった。

2005/11/19再訪。

■広島市中区大手町3丁目平和大橋東詰
■082-241-7416
■平日 午前11時~午後2時/午後5時~午後9時(L.O.)
 日曜・祝日 午前11時~午後2時/午後5時~午後8時30分(L.O.)
 年中無休(年末年始除く)
■http://www.kanawa.co.jp/index.html

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪の食べ歩き日記)
[PR]
by ririta13kg | 2005-02-05 00:00 | ごはんの時間~和